趣味でプログラミングする程度だけど下積みが全くなかったので本で勉強しようと思って買ってみた本が以下の本。

デザインパターンとともに学ぶオブジェクト指向のこころ (Software patterns series)

読み終えた感想としては、作者が実際に遭遇した事例をデザインパターン(GoF)を用いて解決していく、というスタンスでの説明なので非常に理解しやすかった。またデザインパターンの当てはめ方や考え方に重点を置いて説明しているのでその点も非常によかった。しかしながら前半の部分での説明が少し理解し辛いように感じた(フューチャー?カットアウト?)。

総括するとデザインパターンを理解する上では買いな本。副産物としてUML図も多少理解できるようになる。

関連性がある記事

Disqusでコメント