オープンβで辞めてしまった"TERA"ですが、現在はどうなっているのかと思い、TERA公式ホームページの統計ページを見てみました。

tera.png

http://tera.hangame.co.jp/world/stat.nhn (2011/9/23 17:00時点)

公式サービスが開始されているので新規参加者は非常に少ないと思うのですが、Lv1~10までの比率が驚くほど高いです。サーバ内では大量の"BOT"が稼動していることが窺い知ることができます。運営側では非公式なプログラム(≒BOT)を1週間で1000件ほど取り締まっている模様です。

http://tera.hangame.co.jp/community/noticebbs.nhn?m=read&bbsid=875&docid=1797933

他のMMOではこのようなデータを公開しているのは珍しいことなのでこの対応が良いか悪いかは判断できませんが、グラフから分かるように、BOT作成数 > 削除数なのは明確でしょう。

MMORPGにおけるBOTの問題でいつも思うことがあるのですが、アクセス可能なIPアドレスの範囲を国内に限定するだけで某国からの不正アクセスがかなり減ると思うのですがなぜ制限しないかがわかりません。ですが何か意図があるのでしょう。

様子を見て復帰しようかと考えていましたが、まだ様子を見る必要がありそうです。

関連性がある記事

Disqusでコメント