今回はAndroid用のスーパーファミコン(SNES)のエミュレータ「SNesoid」をGalaxyS2にインストールしてみました。前回のGameBoid Liteと同様にサウンドやグラフィックの問題はなく、非常に滑らかな動作でした。

SC20110910-003747.png SC20110910-003800.png
SNesoidで動作させた「クロノトリガー」のスクリーンショット

このSNesoidはスーパーファミコンのBIOSが不要なので、利用する敷居はGameBoidより低いです。また、GameBoidと同じデベロッパが開発しているので、インターフェースや設定に共通点が多く、非常に扱いやすいのが特徴です。

しかもSNesoidにはネットワークプレイ機能がついているので、同じAndroid同士で対戦を行うことができます。非常に便利ですね。

1. 入手方法

このアプリケーションはアンドロイドマーケットには公開されていないようなので、前回のGameBoidと同じくパソコンでSNesoidをダウンロードして端末に転送します。

ダウンロードは以下のリンクの「Softpedia Secure Download」というリンクから可能です。ページを表示してからしばらく待つと自動的にダウンロードが開始されます。

http://handheld.softpedia.com/progDownload/SNesoid-Lite-Download-93657.html

2. 導入方法

外部メディアを使って端末にアプリケーションをインストールするか、ESファイルエクスプローラを使用してSNesoidをインストールしてください。詳しい方法は前回のGameBoidの記事の「3. GameBoidのインストールの準備」を参照してください。

3. SNesoidの起動

インストールが完了すると、メニューに「SNesoid」というアイコンが追加されているので、それを起動してください。ファイルエクスプローラのような画面が表示されるので、そこから転送した.snesファイルを選択すればエミュレーションが開始されます。

終了する場合は、メニューの「その他」から「Close」をタップすることで、エミュレーションを終了することができます。

関連性がある記事

Disqusでコメント