今がチャンスです!

GoogleドライブにWEBホスティングが追加されたということで、前回、記事を書きました。

GoogleドライブにBloggerで使う外部CSSをホスティングさせてみる

外部CSSをGoogleドライブに置いて様子を見ていたところ、思わぬメリットがあることに気づきました。

Googleドライブに静的ファイルを置くメリット

Googleのサービスで頻繁に使用されている次世代通信プロトコルである「SPDY」という技術があるのですが「もしかしたら、Googleドライブでも使えるかも!?」と思い、チェックしてみました。

SPDY - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/SPDY

Google Chromeで「SPDY」が使用されているかチェックする方法

以下の拡張機能をインストールすることで確認することができます。

SPDY indicator

https://chrome.google.com/webstore/detail/spdy-indicator/mpbpobfflnpcgagjijhmgnchggcjblin

この拡張をインストールすると、アドレスバーのお気に入りボタン(★アイコン)の横に、SPDYが使用されていれば、緑色の稲妻マークが表示されるようになります。

今回この「SPDY indicator」を使ってチェックします。

結果

このブログで利用している外部CSSを開いて確認してみます。

たき備忘録の外部CSS

https://www.googledrive.com/host/0B2zy2rWpx3iJaHJjQ3lOZFRCSUE/

緑色の稲妻マークが表示されたのでSPDYを利用してWEBホスティングされていることが確認できました

このような結果となったため、JSファイルなどもGoogleドライブにホスティングさせることにしました。レイテンシも50msほどで、稀に200msほどかかるようなので十分実用的だと思います。

おわり

Bloggerを利用している方は、Googleドライブを使ってブログを高速してみては如何でしょうか?

関連性がある記事

Disqusでコメント