・SSDのC:にあるUsersをHDDに移動させる。

  1. 管理者権限の新しいユーザを作成する(settingとする)。
  2. 現在のユーザ(currentとする)をログアウトし、作ったユーザ[setting]でログインする。
  3. 移動先に「C:\Users」を丸ごとコピーする(E:\にコピーしたとする)。※[setting]が使用中のファイルも含まれている為、エラーが出るが全部無視。
  4. レジストリエディタを起動し「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList」に移動する。
  5. 表示されているProgramData以外のキーの値の「%SystemDrive%」の部分を書き換え、コピーした対象に合わせる。(例: E:\Users)
  6. 「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList」の下にあるディレクトリからProfileImagePathが「%SystemDrive%\Users\current」のものを探し、そのキーの値をコピーした対象に合わせる。(例: E:\Users\current)
  7. [setting]をログアウトし、[current]でログインする。
  8. [setting]ユーザを削除する。
  9. 「C:\Users」とは関連付けが解除されているはずなので、「C:\Users」を削除する。削除できない場合はセーフモードで。
  10. コマンドプロンプトで、「mklink /J "C:\Users" "E:\Users"」と入力し、実行する。これで「C:\Users」から「E:\Users」へジャンクションが張られる。
  11. 以上の設定で虚像がC:\に、実体がE:\になる。
  12. 再びレジストリエディタを起動し、書き換えた部分を「%SystemDrive%」に戻す。(例: E:\Users → %SystemDrive%\Users)

・システム環境変数の「TEMP」と「TMP」の対象をHDDに変更する。

コントロールパネル → システム → システムの詳細設定 → 詳細設定 → 環境変数 → システム環境変数
その中のTEMPとTMPをHDDの適当なフォルダへのパスに変更して再起動。

・休止モードを停止させる。

powercfg -h off

関連性がある記事

Disqusでコメント